賃貸不動産仲介業大手のCHINTAIとエイブルが経営統合

賃貸不動産仲介業大手のCHINTAIとエイブルは4/12、今年11月に経営統合すると発表されました。CHINTAIはエイブルの前身、ダイケンから分離した会社です。情報誌とインターネットが得意で、業務をより強化するようです。エイブルは若年層の賃貸マンション仲介に強みを発揮しておりますが、貸事務所の取り扱いは少ないようです。

4-16.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/38

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2010年4月16日 12:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空室が目立つ貸事務所の特長とは」です。

次のブログ記事は「ドバイ損失で鹿島建設が初の営業赤字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261