鏡を使ってCO2排出量を削減

「太陽 光反射させ階下へ」今年5月に完成した横浜市西区の貸事務所ビル『みなとみらいセンタービル』では、吹き抜け空間と鏡を組み合わせて、自然の光を照明に使う仕組みが採用されております。

高層ビルになるほど、天窓からの光が下層階に届きにくくなります。そこで、大成建設は、3種類の鏡を使って各フロアに太陽光を行き渡せるよう工夫しました。

これにより、ビル全体のco2排出量は同規模のビルより約30%少なくなりました。

オフィス value="確認" onclick="this.form.preview.value='1';" />

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2010年8月25日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関西で広がりみせる「100円商店街」」です。

次のブログ記事は「手軽なものが大人気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261