古都の地デジ対応が進まない

京都府で「ビル陰」と呼ばれる難視聴区域の対策が遅れています。

総務省によると、アナログ放送の共同受信施設における地デジ対応化率は約5割にとどまり、全国の都道府県の中で最低です。

「京都は遅デジ 多い町家、共同受信施設が進まず」

テレビの地上デジタル完全移行は来年7月です。

地デジ普及率は最低が沖縄の79パーセントです。

新大阪周辺の古い分譲マンションは今年、ほとんど地デジ対応になりました。

貸事務所ビルについては元々、テレビサービスがありませんので、対応しておりません。

osaka-kashijimusyo12-29

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/296

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2010年12月29日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健康状態も上々 「人間なら125歳超えるスーパー犬」」です。

次のブログ記事は「月からとの民話とも、12年ぶり「うさぎ岩」出現」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261