開放感あふれる大屋根誕生-JR大阪駅「大阪ステーションシティ」

「大阪ステーションシティ」に大屋根が-

大阪駅の新たなシンボルが出来ました。

東西180メートル、南北100メートルの巨大なガラスでつくられ、北側のノースゲートビルディング12階部分からホームを横断して延びます。

既存のホーム屋根は端部を残して撤去され、ホーム上に、日本では前例のない開放感あふれる巨大な吹き抜け空間が生まれます。

貸事務所の顔であるエントランス部分にもよく吹き抜けの空間が使われます。

osaka-kashijimusyo1-11

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/307

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年1月11日 12:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JR大阪駅に「サウスゲートビルディング」オープン」です。

次のブログ記事は「貸事務所の案内にも便利!持ち歩ける無線端末」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261