JR大阪駅梅田北ヤードに医療観光進出

「JR大阪駅北側の梅田北ヤード 医療観光の海外大手進出」

最先端の研究開発用オフィスなどが貸事務所として整備される先行開発区域で、300坪(1000㎡)の規模のクリニック(無床診療所)を開設します。

これは、海外から患者を呼び込む『医療ツーリズム』で先行するシンガポールの医療大手、ラッフルズ・メディカル・グループです。

北ヤード開発に参加する阪急阪神ホールディングスが誘致し、3月末までの基本合意を目指しています。

外国語に堪能な日本人医師らが常駐し、外国駐在員やその家族、海外からの観光客らを診察します。

この医療ツーリズムは、日本政府が閣議決議した新成長戦略のひとつで、市場が急成長する可能性もあります。

osaka-kashijimusyo1-24

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/321

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年1月24日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高層階を貸事務所スペースに-阪神百貨店」です。

次のブログ記事は「新築オフィスビルのノースゲートビル 5月4日開業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261