2011年3月アーカイブ

「家具付き賃貸マンションの短期貸し探し」

当社に昨日、某国の大使館員様がお見えになり、短期貸しの広い家具付き賃貸マンションを探されておられました。

現在は、小さなお子様お二人と奥様の4人がホテル住まいをされております。

原発の影響で東京から一時避難され、1泊5万円のホテルですが、4人だとさすがに狭く、ストレスが溜まるそうです。

今まで、短期貸し可能でありました家具付きマンションですが、現在は長期のみの募集で、短期をお断りする大阪のオーナーが増えいています。

短期と長期の入居率のバランスを考え、一気に部屋が空かない工夫をされています。

3-31kagutsuki-chintai-short-time.jpg
「支援策の輪が広がる・・大手不動産会社から」

東北地方太平洋沖地震の被災者に対し、大手不動産会社からの支援が広がっています。

三菱地所が提供する1億5千万円の義援金をはじめ、三井不動産や住友不動産、森ビルなども義援金の提供を発表しております。

 また、森ビルは貸事務所ビルの予備電源設備から電力を供給したり、アパマンは現地のマンションを無償で提供したりと、多種多様な支援策の輪が広がっています。

この信じられない巨大地震によって莫大な不動産資産が失われました。

残った不動産で、震災被害に遭われた方々へ様々な形で援助できるのです。

不動産業界とは、このような災害時にリーダーシップを取るべき業界の一つであると痛感してやみません。

3-30help-realestate-giant.jpg

 
「バンコク、小さな揺れでも避難-オフィスビル建築現場」

バンコクでは、オフィスビルの建築現場が日本とは違っています。

10階建てくらいのオフィスビルですとコンクリートの床にレンガを積み上げるようにして柱を立て、あっという間に完成します。

さすがに20階建て程度になると鉄骨を組むのですが。

地震のない国の平和さですが、それでも最近はバンコクでも高層ビルが揺れるほどの地震がおきました。

今月24日の夜に、ミャンマー東部を震源とするマグニチュード6・7の地震が発生。

震源はタイ北部で、揺れは1分以上続き、メーサイではタイ人女性1人が倒壊した壁の下敷きになり死亡しました。

その地震の影響か、バンコクでも高層ビルが揺すぶられ、オフィスビルから避難する人が続出しました。

おおらかなマイペンライ(気にしない)精神に富むタイ人が小さな揺れで避難したのは、テレビや新聞で東日本巨大震の惨状が報道されている影響があるそうです。

まさかとは思うが、ひょっとしたら、という思いがのんびりとしたタイ人の頭によぎったのかもしれません。

3-29bangkok-office-building.jpg
「首都圏並みのビルが建ち並ぶタイ・・日本へ総額2億バーツ寄付」

タイは80年代後半から高度成長期に入り、地上30~40階建て高層ビルの建設ラッシュが始まりました。

首都圏並みのビルが建ち並び、貸事務所が沢山あります。

日本からタイへ進出したのはかなり昔の江戸時代に遡ります。

日本企業の進出先の国としては世界最大です。

そのタイ政府は東日本大震災を受けた日本へ、総額2億バーツ(約5.4億円)を被災者支援のために寄付しました。

経済大国第二位の中国の援助金は約4億円で、それを上回る異例の額です。

タイ政府は「日本は半世紀に渡りタイを支援し続けてくれた。今回はタイが日本の示してくれた友情

と連帯に応える機会だ」と声明を出しています。

またニュース番組などを通じて、日本の被災者に対する義援金の募金を呼びかけています。

タイ政府は被災した東北地方へタイ米1万トンやもち米5000トンとなどの食料品と毛布や衣類などを送りました。

3-28thai-kashijimusyo.jpg
「『石油列車』が被災地へ・・貸事務所の人気はJRより御堂筋線」

大阪の鉄道路線で、人気が高いのはやはりJR線より地下鉄御堂筋線の貸事務所となっております。

御堂筋線は他の沿線に比べ、貸事務所だけでなく家具付き賃貸の入居率も高いのです。

被災地のガソリンや灯油の燃料不足が深刻化しております。

すでに大震災から2週間経過しましたが、いまだに燃料が未到着の被災地が大半です。

そんな中、燃料を積み込んだ『石油列車』が神奈川県の根岸駅を出発しました。

震災後は初めての列車による大量輸送です。

被災によるルート変更、迅速に対応したタンク貨車の手配など、JR貨物の手腕が試されます。

3-27jr-kashijimusyo.jpg
「大阪の新築貸事務所はオール電化です 東電のオール電化住宅が裏目」

大阪の1970年代に建てられた貸事務所は、湯沸室がガスコンロを利用しているのが多いです。

最近できたものや新築のオフィスビルは、オール電化でガス設備自体がありません。

東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう『オール電化住宅』の普及を推進してきたことが裏目に出ました。

今回の電力不足に拍車をかけています。

東京電力管内のオール電化戸数はここ4年で急激に増え、2008年から2010には倍増し、85万5千戸に達しています。

これは福島原発の2基分を消費します。

3-26all-denka-kashijimusyo.jpg
「大阪市内ホテル満室続出 大阪への業務を増やす企業・・貸事務所への影響は」

計画停電と放射漏れの影響で、首都圏の企業が大阪市内のホテルをまとめて予約するケースが増え、多くのホテルが満室状態です。

家具付き賃貸マンションにもそのしわ寄せは来ています。

また、今後、大阪での業務の比重を増やす企業も出てきそうで、空室が目立つ貸事務所に一役買うか、注視したいところです。

スウェーデンのカジュアル衣料品大手のへネス・アンド・マウリッツは社員の安全確保と、計画停電で業務に支障が出るので、社員約800人を大阪市内のホテルに避難させました。

宿泊費は全額会社負担です。

60室を2週間予約する企業や、20~30室を長期予約したりしています。

特に、大阪に大規模な拠点を持たない企業の利用が目立つそうです。

外資系の企業は放射性物質の飛散への警戒感が強いので、本国からの指示で予約しています。

3-25osaka-hotel.jpg
「新大阪MTビルのグループ会社、六本木エネルギーサービス」

新大阪に2棟ある貸事務所のMTビルですが、そのグループ会社に「六本木エネルギーサービス」というのがあります。

民間では国内最大規模の電気、ガス、熱といったエネルギーの熱供給事業を行っている会社です。

大震災で東京の電気が消えても、六本木ヒルズだけは消えないそうです。

1995年の電気事業法改正により、一般電気事業者以外の事業者による一般への電気の供給が可能となり、「特定電気事業」の制度が施行されました。

これにより,特定電気事業者が複数の建物に電気を供給し、発電時の排熱を熱供給事業者を介して、その地域の熱需要に有効利用することができるようになりました。

その目的で森ビルと東京ガスは、六本木エネルギーサービス(株)を設立しました。

「六本木ヒルズは、オフィス、住宅、商業といったさまざまな施設があることから,昼間にピークをむかえるオフィスや商業施設と、夜間に多くの電力と熱を利用するホテル、劇場などで、電力と熱負荷の平準化が図ることができ、省エネに優れた運用が可能である」という内容です。

森ビルは東京の電力不足に対応するため、子会社の六本木エネルギーサービスが東京・六本木ヒルズへの電力を、24時間体制で東京電力に提供します。

六本木ヒルズでは、都市ガスを燃料とする独自のエネルギープラントにより、域内に電力を供給しています。

3-24roppongi-energy-service.jpg
「みずほ銀行復旧遅れる 単身赴任マンションの決済」

みずほ銀行のシステム障害の影響で、東京から単身赴任される方の家具付き賃貸マンションの決済が出来ません。

大阪では馴染みが少ないみずほ銀行ですが、東京の企業様の多くがご利用されるみずほ銀行でシステム障害が大変問題になっています。

みずほ銀行は22日正午まで、現金自動預け払い機(ATM)と窓口で振り込みができない状態が続くと発表しております。

これだけ長期になるとは想定外です。

このシーズン最終の忙しい時期、何とかしてほしいものです。

3-23mizuho-bank.jpg
「新大阪、江坂の単身赴任用家具付き賃貸マンション・・即入居の部屋なし」

単身赴任様に人気のあります新大阪から江坂の家具付き賃貸マンションですが、即入居物件はほぼ満室となっております。

震災や原発事故のの影響も出ているようです。

当社では取り扱っていませんが、ウィークリーマンションやマンスリーマンション、レオパレスなども同様です。

大阪市内もほぼ満室の状態となっています。

大阪の貸事務所空室状況は相変わらずですが、4月末以降に解約が増えてきております。

3-22kagutuki-chintai-mansion.jpg
「東日本大地震 日銀が全額を直接引き受ける10兆円規模の復興国債発行へ」

東日本大震災の復興処理に、政府は主要財源として日銀が全額を直接引き受ける「震災復興国債」を緊急発行することを決めました。

発行額は10兆円。

政府は財源確保に『子ども手当』や『高速道路無料化』などの財源を全額充てることを検討しましたが、3兆3千億円程度で全然足らず、新規国債の発行も検討されましたが、国債を市場に大量流通させれば財政事情が悪化する上、国債の格付けが下がり長期金利の上昇をもたらす危険性があるので却下。

それで、震災復興国債を日銀に引き受けさせることにしました。

日銀による国債引き受けは法律で禁止されていますが、不動産の契約条項にもよくある「特別の事由がある場合」は可能で、今回の震災は「特別な事由」にあたると判断致しました。

平成7年の阪神大震災の復興対策では3度の補正予算で計3兆3800億円でした。

今回の震災ははるかに規模が大きいことから「10兆円や20兆円では足りない」と国民新党の亀井静香氏は言っています。

3-21fukko-kokusai.jpg
「地震速報を一番早く伝えたのはNHK」

東北地方太平洋沖地震発生時、各テレビ局のうち、NHKがどこよりも早く地震速報を報じていました。

なんと、フジテレビはNHKよりも地震の第一報が4分も遅いことが判明しました。

・地震速報を報じた時間

NHK   14時46分54秒

NTV   14時48分30秒09

TBS   14時48分30秒14

朝日  14時49分01秒

テレ東 14時49分17秒

フジ  14時50分58秒

魅力的な番組が多く、視聴率トップのフジテレビもニュース情報ではNHKにかないませんでした。

3-20nhk-news.jpg
「東日本大震災の義援金、個人で10億円を寄付」

この東日本大地震の後、貸事務所の反響がピタッと止まってしまって、大阪の市場がさらに冷え込みそうです。

ユニクロの柳井社長は、東日本大震災の発生を受け、個人で義援金10億円を寄付しました。

柳井氏の個人寄付だけでなく、ユニクログループのジーユーなど会社全体で3億、その従業員から1億、合計14億円となります。

今月9日に米誌フォーブスが発表した世界長者番付(2011年版)では、資産総額76億ドル(約6226億円)で122位です。

国内ではソフトバンク・孫正義社長に次ぐ2位という大富豪です。

私も、楽天の「東北地方太平洋沖地震の被災者義捐金」に寄付しました。

※東北地方で発生した地震及び津波による被災者とそのご家族に対して、心からお見舞いを申し上げます。楽天銀行では、被災者の方々に対する義援金受付口座を開設いたしました。
寄付していただいた義援金は日本赤十字社を通じて、全額、被災者救済のための救援活動及び復興支援活動等資金として贈呈いたします。なお、義援金の受付期間は、本日より2011年5月31日(火)までを予定しております。
義援金総額 226,968,302円(2011年3月19日8:30現在)

3-19unikuro-yanagii.jpg
「原発危ない 外資脱東京 事務所移転急ぐ」

日本で活動している外資系会社が首都圏から脱出し、日本法人の事務所を移転する動きが本格的に出ています。

東日本大震災で被害を受けた原発事故の危険性が高まっている事を受けてです。

アジア企業や欧米の事務所と社員の勤務地変更の準備を急いでいます。

欧州企業では、東京オフィスの業務を停止したと発表しております。

当面、外資各社は事業縮小で活動することになりそうです。

お客様の中にも東京から早速、大阪の賃貸マンションへ原発を恐れてしばらく避難する方もおられます。

3-18genpatsu-jiko.jpg
「被災者へ仮設住宅建設が急務 家具付き賃貸の活用も」

東日本大震災の被災者向けに、被災地からの仮設住宅の建設要請が相次いでいます。

家や家財も失った被災者に家具付きの物件もあれば便利だと思います。

福島県はプレハブ建築協会に、応急仮設住宅の建設を要請しております。

政府は公営住宅などの空き室を被災者に提供するため、都市再生機構(UR)と都道府県の公営住宅に対し空室状況を整理するよう指示しました。

民間の賃貸マンションも是非とも、活用してほしいです。

3-17kasetu-jyutaku.jpg
「貸事務所ビルの業務と東京電力の停電実施のフェイント」

貸事務所ビルの業務はいまや、電源が必須です。

ビジネスフォン、光ファイバー、IP電話等は全て、電源が供給されなければ機能しません。

昔のアナログならばその点、全く心配がいりませんでした。

オフィス機器の性能が良くなりすぎると、両刃の剣のになりかねます。

東京電力の『計画停電』はかなりのフェイントで惑わされました。

地域ごとに電力の供給を停止する『計画停電』です。

前夜に公表された計画に従い、停電を覚悟していると、当日朝に実施しない、いや、実施するかも・・・と、説明は二転三転しました。

3-16tokyo-denryoku.jpg
「謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます」

東日本巨大地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

家を失い、肉親の安否も知れぬまま避難所生活を送る被災者を思えば、胸が張り裂けそうです。

3-15jishin-saigai.jpg
「貸事務所のホームページ作成 辛い肩こりには」

貸事務所のホームページを更新していると、最近首がこります。

肩こりや首こりに悩む日本人は多いそうです。

軽視されがちですが、疲労は、めまいや頭痛、鬱症状を引き起こすと専門家はいいます。

仕事中も「首休憩」を挟むなどの小さないたわりが大切で、「うつむかない生き方」が良いそうです。

今までは首の異常は病気をおこさないというのが定説でしたが、原因が解明されてきています。

osaka-kashijimusyo3-14
「テレビ放映時間がバラバラ・・日本に比べると大雑把なロシア」

日本と比べると、あらゆる面で大ざっぱなロシアはテレビも例外ではありません。

あるテレビドラマは毎週火日と時間が当然決まっていますが、日時がバラバラになります。

お国柄でしょうか。

今日、日本ハムの斉藤祐樹選手がオープン戦で初先発し、何と、TBSでテレビ放送されます。

とっても楽しみです。

異例中の異例のことで、日曜日の14時からビール片手に観戦しましょう。

日曜日は貸事務所のオーナーも管理会社も休みです。

osaka-kashijimusyo3-13

 
「オフィスビルや商業施設に快適で環境に配慮したトイレ」

建物に不可欠な施設といえばトイレですが、最近はオフィスビルや商業施設、駅や公園、サービスエリアなどのパブリックトイレも、快適で環境に配慮したトイレが増えてきました。

機能やデザインも豊富になりリラックスできる空間へと進化しています。

しかし、学校のトイレはなかなか綺麗にならない、臭いがひどいです。

全国の学校は今でも20~30年前に設置された和式便器を使っています。

この和式トイレ、貸事務所では大変嫌われる物で、ほとんどのビルは洋式へ改装しています。

人気なのはやはり「ウォシュレット」です。

osaka-kashijimusyo3-12
「1日1円で命を守れます。」

消防法改正で、6月から寝室などへ設置が全面義務化される住宅用火災警報器のことです。

例えば3,650円の警報器なら、電池の寿命が10年だから、1年365日の換算で1日当たりこの値段になります。

普及率はまだ6割。

家電量販店では、「もっと下がるはず。今買ったら損」と売り場を素通りする客が多いそうです。

賃貸住宅のオーナーは、双方に設置義務があるため、大家か賃借人かで費用負担でもめます。

火災で犠牲になった人の6割が逃げ遅れが原因です。

すべての住宅、賃貸マンション、住居兼事務所に付けてもらいたいです。

osaka-kashijimusyo3-11
「環境配慮型技術の燃料電池 不動産の案内に便利」

シーズン中は貸事務所や単身赴任マンションの案内などで、外出しっぱなしになる事があります。

そんな時に、携帯電話の電池の残量を気にする事がなければ便利だと思います。

京都の会社が小型燃料電池を開発しました。

水と反応させると水素を発生する水素化カルシウムを充てんした燃料カートリッジを本体にセットして使います。

水素が発生する反応速度を緩めることで、冷却機構を簡素化し小型化することができたようです。

osaka-kashijimusyo3-10
「刷新会議・規制仕分け マンション投資悪質勧誘 分譲貸し賃貸」

政府・行政刷新会議は3月7日の規制仕分けで、マンション投資勧誘に対する規制の強化を行いました。

マンション投資への悪質な勧誘について、「法的措置を検討」と判定し、規制強化を図るよう結論付けました。

物件の契約締結の前後で、それぞれ規制をかける考えです。

新大阪の分譲貸し賃貸マンションに多い住居兼事務所ですが、最近の賃料の低下で収益が目減りし、嘆いておられるオーナー様が増えています。

シーズンにもかなり左右され、それを逃すと今度のシーズンまで空室のままということも。

osaka-kashijimusyo3-9
「車庫と住居とオフィスが一体 人・街・暮らしの価値共創グループ 」

大阪府吹田市のモデルハウスには車庫と住居とオフィススペースが一体になった、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」のエコ住宅が注目を集めています。

屋内には排ガスが全く出ない電気自動車(EV)の充電スペースがあり、雨でもぬれずに乗り降りできます。

太陽光発電システムでつくった電気を家庭用リチウム蓄電池に貯蔵し、家電製品などの電源として使用する事ができます。

各室内の電気使用状況はモニターで監視し、外出先からでもスマートフォンで電気機器、家電をコントロールすることも。

一般に賃貸オフィスビルの電気代はまだ非常に高く、一部ですが、省エネエアコンやLED照明などを設置したビルもあります。

osaka-kashijimusyo3-8
「フェラーリが4人乗りに!大阪の貸事務所30坪以上反応薄いです」

大阪市内の貸事務所の、30坪以上が苦戦しています。

現在は不動産賃貸のシーズン真っ最中で小型の貸事務所は動いているのですが、それ以外の坪数はさっぱりです。

大型の貸事務所特有のフリーレーント6ヶ月や賃料の大幅値下げなどありますが、それでもお客様からの反応がさっぱりです。

あのフェラーリも遂に4人乗りが発売される時代になりました。

ここは色々と創意工夫が必要ということなのでしょう。

osaka-kashijimusyo3-7
「クボタは社内に居酒屋を 新大阪の貸事務所の1階は居酒屋が多い」

新大阪周辺の貸事務所の1階には、かなりの数の居酒屋が入店しています。

新大阪はオフィス街なので、サラリーマンが多いためです。

大手企業ではアフターファイブに希薄になりがちな人間関係を改善しようと、社内での飲みニケーションが広がっています。

役職や部署を超えて活発に議論できる風通しの良い雰囲気を作り出すのが狙いです。

農業機械大手のクボタは大阪市浪速区にある本社3階オフィスの約半分75坪を明るい洋風居酒屋に改装します。

割安な価格で酒やおつまみを提供します。

運営は外食業者に委託。

料金は会社が補助し、街中の居酒屋価格に比べて半分程度にします。

三菱商事は本社の社員食堂を夜間は居酒屋にし、ソフトバンクは社員食堂の一部にバーがあります。

osaka-kashijimusyo3-6
「独創的デザインのリノベーションオフィスと日産JUKE」

古い貸事務所をビル丸ごと大規模な改修工事を行うリノベーションオフィスですが、近年、そのデザインもヨーロッパ並みのハイセンスに仕上がってきているビルも。

床のタイルカーペット一枚とっても、既存のビルにはない色とデザインで、広く明るい空間が生まれてきます。

『日本車は退屈でつまらない』と批判がありましたが、日産のJUKEは独創的なデザインで、海外の高級外車をも凌ぐ存在感で話題になっているようです。

ラリーカーのような丸目のヘッドランプと、筋肉を彷彿させる大きく張り出したフェンダー、後方にスロープするルーフライン。

まるで、モーターショーからそのまま抜け出したような斬新なデザインです。

osaka-kashijimusyo3-5
「大阪市内の百貨店と貸事務所業者は過剰気味」

大阪市内の貸事務所業者の数はここ5年で急増し、オーバーストアになっています。

空室が目立っている貸ビルオーナー同様、競争が激化してきております。

高島屋が今日、増床工事を終え全面開業致します。

大阪市内の百貨店も新築・増床オープンが相次いでおり、オーバーストアによる共倒れがかなり懸念されています。

生き残りは店舗運営での差異化を図るしかないようです。

osaka-kashijimusyo3-4
「重宝される占い師 まれに貸事務所や家具付き賃貸マンションの選定にも」

貸事務所の物件選定でまれに、方角や契約の時期を気にされるテナント様がいらっしゃいます。

また、家具付き賃貸マンションの選定でも単身赴任者様が水回りや玄関の位置を気にされる事も。

東南アジアでは、政治家も占い師のお告げ通りに家を出たり、選挙日や政治日程を決めるそうです。

大手企業の取締役の中にも、風水師に本社ビルのデザイン・設計を依頼したり、契約日・方角、日時などを決めてもらう事も多々あるようです。

osaka-kashijimusyo3-3
「コンビニ喫煙所拡大、貸事務所の喫煙室は徐々に完全分煙」

大阪の貸事務所に設置されている喫煙室ですが、徐々に完全分煙室の設置が進んでいます。

昨年は、煙草の値上げや全面禁煙の広がりで禁煙商戦となっていましたが、今年は、喫煙者を取り込む喫煙商戦です。

オフィス街周辺の飲食店は昼食時は喫煙が当たり前になってきました。

ですので、食後にコンビニで飲料などを購入し、コンビニ内に設置の完全分煙室で一服して帰る客が増えているようです。

喫煙室が認知されますと来客が増えるそうです。

osaka-kashijimusyo3-2
「大阪貸事務所の外観色の大半は・・・ ガチャピンとムックの色が反対だったら?」

大阪の貸事務所の外観色ですが、ガラスウォールの黒、吹き付け塗装仕上げの白と、これが大半になっております。

デザインオフィスビルですと、オレンジやイエロー、中にはブラックというものまでも。

ゆるキャラの元祖、ガチャピンとムックですが、体の色の違いが、2人の親しみやすさに影響を与える実験がありました。

2人の色を交換すると今までの印象を覆すようなインパクトがあったのです。

ムックはとても柔和な雰囲気になったのに対して、ガチャピンはまるでたらこのようにも見えます。

「ガチャピンがウインナーみたい」、「ムックが藻のようだ」と言われました。

osaka-kashijimusyo3-1

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261