火災警報器-1日1円で命を守れます

「1日1円で命を守れます。」

消防法改正で、6月から寝室などへ設置が全面義務化される住宅用火災警報器のことです。

例えば3,650円の警報器なら、電池の寿命が10年だから、1年365日の換算で1日当たりこの値段になります。

普及率はまだ6割。

家電量販店では、「もっと下がるはず。今買ったら損」と売り場を素通りする客が多いそうです。

賃貸住宅のオーナーは、双方に設置義務があるため、大家か賃借人かで費用負担でもめます。

火災で犠牲になった人の6割が逃げ遅れが原因です。

すべての住宅、賃貸マンション、住居兼事務所に付けてもらいたいです。

osaka-kashijimusyo3-11

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/367

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年3月11日 13:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「環境配慮型技術の燃料電池 貸事務所案内に便利」です。

次のブログ記事は「オフィスビルや商業施設に快適で環境に配慮したトイレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261