大阪への業務を増やす企業・・貸事務所への影響は

「大阪市内ホテル満室続出 大阪への業務を増やす企業・・貸事務所への影響は」

計画停電と放射漏れの影響で、首都圏の企業が大阪市内のホテルをまとめて予約するケースが増え、多くのホテルが満室状態です。

家具付き賃貸マンションにもそのしわ寄せは来ています。

また、今後、大阪での業務の比重を増やす企業も出てきそうで、空室が目立つ貸事務所に一役買うか、注視したいところです。

スウェーデンのカジュアル衣料品大手のへネス・アンド・マウリッツは社員の安全確保と、計画停電で業務に支障が出るので、社員約800人を大阪市内のホテルに避難させました。

宿泊費は全額会社負担です。

60室を2週間予約する企業や、20~30室を長期予約したりしています。

特に、大阪に大規模な拠点を持たない企業の利用が目立つそうです。

外資系の企業は放射性物質の飛散への警戒感が強いので、本国からの指示で予約しています。

3-25osaka-hotel.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/381

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年3月25日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新大阪貸事務所MTビルのグループ会社、六本木エネルギーサービス」です。

次のブログ記事は「大阪の新築貸事務所はオール電化です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261