バンコク、小さな揺れでも避難-オフィスビル建築現場

「バンコク、小さな揺れでも避難-オフィスビル建築現場」

バンコクでは、オフィスビルの建築現場が日本とは違っています。

10階建てくらいのオフィスビルですとコンクリートの床にレンガを積み上げるようにして柱を立て、あっという間に完成します。

さすがに20階建て程度になると鉄骨を組むのですが。

地震のない国の平和さですが、それでも最近はバンコクでも高層ビルが揺れるほどの地震がおきました。

今月24日の夜に、ミャンマー東部を震源とするマグニチュード6・7の地震が発生。

震源はタイ北部で、揺れは1分以上続き、メーサイではタイ人女性1人が倒壊した壁の下敷きになり死亡しました。

その地震の影響か、バンコクでも高層ビルが揺すぶられ、オフィスビルから避難する人が続出しました。

おおらかなマイペンライ(気にしない)精神に富むタイ人が小さな揺れで避難したのは、テレビや新聞で東日本巨大震の惨状が報道されている影響があるそうです。

まさかとは思うが、ひょっとしたら、という思いがのんびりとしたタイ人の頭によぎったのかもしれません。

3-29bangkok-office-building.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/385

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年3月29日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「首都圏並みのビルが建ち並ぶタイ・・日本へ総額2億バーツ寄付」です。

次のブログ記事は「支援策の輪が広がる・・大手不動産会社から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261