2012年度中学校教科書と貸事務所間仕切りの厚さ

「2012年度中学校教科書と貸事務所間仕切りの厚さ」

大阪の貸事務所の間仕切り、すなわち区画割りの壁の厚さは平均10センチメートルとなっています。

両側にべニア板と中に遮音材を挟みこんでいます。

これで、隣りの部屋の話し声や電話の呼び出し音程度は聞こえません。

来年度から中学校の教科書の厚みは平均25%増しになり、理科単独では何と45パーセントも増えるそうです。

1.5倍もです。

文部科学省が、ゆとり教育がを間違いだったかを認めたわけで、その反省から大幅に学習量を増やしました。

長い時間がかかりましたが、脱ゆとり教育となります。

今度は週休5日制を改め、土曜日も学習時間にあててほしいものですね。

4-2kashijimusyo-wall-thickness.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/389

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年4月 2日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関東地方の夏場の電力不足で、大阪の貸事務所へコンピューター移動」です。

次のブログ記事は「中国「幸せを運ぶお魚さん」販売、新大阪ではパラソル弁当販売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261