大震災発生後、懸念されていた民間設備投資と賃貸マンション

「大震災発生後、懸念されていた民間設備投資と賃貸マンション」

東日本大震災発生後に懸念されていた賃貸ですが、マンションの方は影響が少なく貸事務所の方は影響がかなり出てきています。

新大阪や江坂の単身赴任用家具付き賃貸マンションは盛況でどこも満室です。

貸事務所については少し事情が異なり、大阪や新大阪のビルオーナー様も問い合わせがないと嘆いておられ創意工夫に迫られています。

3月の機械受注統計で、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は2ヶ月ぶりに増加しています。

東日本大震災発生後の集計ですが、いまのところ、民間設備投資には大きな影響は出ていません。

5-17Business-investment-office-news.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/421

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年5月17日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪ターミナル百貨店で勝負 貸事務所も増床ラッシュ」です。

次のブログ記事は「アパレル業種に異変・・中国で商売して売上を上げる会社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261