大阪市被害想定し、津波避難ビル393棟指定へ

「大阪市被害想定し、津波避難ビル393棟」

大阪市は東南海・南海地震で津波被害を想定し、大阪市が所有する施設393棟を津波避難ビルに指定。

東日本大震災で想定を大きく上回る津波が来襲した事を踏まえ、従来の湾岸6区に加え淀川区・福島区・西区・浪速区の4区を新たに被害想定地域に指定しました。

我が街、新大阪もぎりぎり指定地域にかぶりっています。

東日本大震災と同様の地震がもし、発生した場合、約2時間で最大3メートルの津波が市沿岸に達するそうです。

5-21tunmi-oosaka-office-news.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/425

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年5月21日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JR大阪ノースゲートビルディングの建設予定地は」です。

次のブログ記事は「JR大阪駅ノースゲートビルディング2階にエコタクシー乗り場が完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261