2011年8月アーカイブ

「人気殺到?家具付きの事務所となでしこの筆」

最近は独立を機にと貸事務所を探しに来られるお客様が減ったように思われます。

悲しい事に大阪の景気の悪さは本物です。

そんな中で、オフィス家具の付いた事務所なら開業資金の大幅な削減につながり、運転資金に回せます。

単身赴任用の家具付きだけではなく、貸事務所の家具付き物件も増やしていきたいと思っております。

サッカーの「なでしこジャパン」に贈られた国民栄誉賞の記念品の化粧筆の注文がメーカーに殺到しています。

約1か月以上待ちの人気となっています。

アイシャドーやチーク用の7本セットで、価格は33,075円もする超高級品です。

筆の棒の部分が赤いのが特徴です。

イタチやヤギの毛を使ったこの筆は「世界に誇れるブランド」です。

テレビなどでも取り上げられた話題の商品で、注文の電話が鳴りっぱなしのようです。

8-31kagutuki-nadesiko-office-news.jpg

「脱カダフィならぬ脱カギコウカン・ショウドク費用」

大阪の賃貸オフィスやマンションで、契約時に鍵交換費用・消毒費用などを取る管理会社があります。

これは、貸主の意向ではなく管理会社によるもので、売り上げの一部になります。

法人様相手の仲介業務では、このような物件はご案内いたしません。

脱カギコウカン・ショウドク費用です。

東京・渋谷区のリビア大使館が、敷地内に掲げていたカダフィ政権の緑色一色の国旗を降ろし、三色旗を付けました。

赤、黒、緑色を基調とした旗は、反体制派組織「国民評議会」のシンボルです。

こちらは脱カダフィです。

8-30kagikoukan-office-news.jpg

「オフィスでの常備薬で魚を焼ける?」

昨今ではオフィスの常備薬として、おでこなどに貼る発熱シートがあるのではないでしょうか。

ユニークな宣伝で有名な小林製薬は、医薬品製造企業の本社が集まることで有名な大阪市中央区道修町にあります。

特殊加工した発熱シートを利用し、電子レンジで魚が焼ける「から揚げパック」は、電子レンジでは不可能とされてきた常識を覆しました。

購入者は当初想定していた、共働きや単身世帯ではなく、60歳以上が多いそうです。

「火を使わないのでグリルより安心」、「焼きたての魚を味わうには欠かせない」などの意見が多いそうです。

8-28hatunetu-seat-office-news.jpg

「特殊性を生かす高性能賃貸オフィスと高精度なバネ」

無柱空間・天井高・OAコンセント容量などスペックの高いビルで、ビッグターミナルに直結したオフィスビルを高性能賃貸オフィスなどと呼ばれています。

オーダーメード専門で、線径(線の太さ)0.1mmから100mmの超大型まで、特殊な高精度なバネを特注で製造する専門メーカーが淀川区にあります。

この道40年の職人の作るバネの用途は数え切れず、ロケットの発射台燃料供給バルブ・人工衛星・船舶・ユニバーサルスタジオジュヤパンや東京ディズニーランドのアトラクションまで幅広く使われています。

特殊なバネならどんな要望にも応えるそうです。

8-27bane-office-news.jpg

「先物取引と賃貸マンションの募集」

「来春入居優先予約受付中」などのうたい文句で、学生や社会人向きの賃貸マンションの募集が始まります。

賃料起算日は当然、来春の4月からですが先に賃貸条件を決めて契約を完了させます。

何カ月か先に売ったり買ったりする値段を、今のうちに決めておく先物取引のようですね。

先物取引のおかげで、農家のコメはなどは売る値段が決まっているから安心でき、学生も来春住むマンションが決まっていますから安心できます。

どちらも予め金額を決めてあるので、急な物価変動で値段(賃料)が下がっても、また急激なインフレによりその逆になっても約束した値段(賃料)になります。

コメの先物取引が72年ぶりに再開されます。

世界で最も早く始まったコメの先物取引は江戸時代に大阪から始まりました。

8-26sakimono-torihiki-office-news.jpg

「ふれあい喫茶店が新大阪のオフィス街に」

新大阪駅の賃貸オフィスビルが立ち並ぶ大阪市淀川区で、創業10年目を迎える風変わりな喫茶店があります。

その喫茶店は土曜の午後に3時間だけ開き、多い日は一日に100人もお客さんが来るそうです。

場所はマンション「ファミールハイツ北大阪1号棟」ロビーの、ふれあい喫茶「オアシス」です。

阪神大震災の後、注目されるようになった「孤独死」に危機感を抱き、町会役員ら住民が「住民が顔を見せ合える場に」と始めましたた。

8-25coffe-restrant-office-news.jpg

「大阪市都島区の貸事務所街に近い場所に140メートルビーチ」

橋下徹知事発案で、都島区の大川に長さ140メートル、幅25メートルの人工砂浜が完成しました。

大阪市都島区の貸事務所と言えば、京橋が中心になり、JR環状線や京阪電車路線などが通っています。

このビーチ発案は2年前、橋下徹知事が建築家の安藤忠雄さんと「一緒に泳ごう」と話をしたのがきっかけです。

遊んでいた子供達の感想は「なんだか川がごみ臭い」との事ですが、この川の水はきちんと濾過され綺麗になっているそうです。

8-20miyakojima-sakura-office-news.jpg

「料金明確で 貸事務所も僧侶も」

初めての大阪の貸事務所探しもまず、HPを見られる方が多数ではないでしょうか。

ホームページが不動産の広告の主流になってきて、賃貸不動産は一見さんが大部分です。

近頃、時代の変化に合わせて寺や僧侶のあり方も変容しているそうです。

僧侶も檀家以外の家に派遣し、一見の法要を執り行ってもらう民間企業などの僧侶紹介ビジネスが伸びています。

不動産業者の仲介手数料同様、「お気持ちで」とされるお布施も料金表に明示してわかりやすくしています。

アルバイト収入は、年収約300万円の半分を占めます。

誰かが亡くなった時しか、お寺や宗教に接する機会がない業種です。

普段、行き来のない家でお経を読むたび、副住職は一般の宗教離れを感じるそうです。

8-19obousan-office-news.jpg

「再生可能エネルギーの普及と貸事務所の電気代」

大阪の貸事務所の電気代単価って高いと思われませんか?

高いと感じるテナント様が非常に多いのですが、この電気代は関電の電気料が上昇すれば当然、貸事務所の電気代にも響いてきてしまいます。

今回、福島での原発事故が起き、今ある法律では対応ができないので再生可能エネルギー特別措置法案が通りました。

この法案は、ソーラー光や風力などで作る電気の買い取りを電力会社に義務づけて、再生可能エネルギーの普及を目的にしています。

しかし、電力会社が買い取る費用は電気料金や電気基本料に上乗せされるため、電気料金が高くなれば、企業や家庭の負担が重くなります。

電力会社の思うまま、勝手に価格決定されたのではたまりませんが、電気料金の値上げ幅を小さくすると、太陽光や風力発電などで作った電気を電力会社が買い取る額も安くなっていまいます。

企業や家庭が発電設備に投資しやすくしないと、再生可能エネルギーの普及が進まなくなります。

8-18denkidai-ben-office-news.jpg

「立つ伊藤忠、跡を濁さず 梅田の新築貸事務所へ」

うめきたにありますノースゲートビルディングへ伊藤忠商事の大阪本社は15日に引っ越ししました。

ノースゲートビルディングは新築のハイグレード貸事務所スペースです。

その引っ越しの数日前に、約140年にわたって拠点にしてきた「繊維の街・船場」への感謝をこめて伊藤忠商事の社員が本社ビル周辺の清掃活動に取り組みました。

岡藤正広社長ら約160人が参加した大掛かりな物です。

そろいの青色Tシャツ姿で集合し、ほうきやゴミ袋を手に約500平方メートル四方のたぱこの吸い穀や紙くずを拾い集めました。

8-17itochu-office-news.jpg

「米経済の後遺症と大阪の貸事務所の空室率」

景気が上向きにならず、今年最大の大阪の貸事務所の空室率の記録を更新しそうです。

米国債の格下げショックが追い打ちをかけ、長期金利が上昇し住宅ローンや企業の借入金利が上昇すれば景気が一層悪くなります。

米国では、2008年秋の金融危機の原因となった住宅バブル崩壊の後遺症が景気の大きな重しになっています。

オバマ大統領の大型景気対策など、景気刺激策を繰り返していますが、日本と同じような状況で刺激策の効果は今年どんどん薄れていき、借金だけが上積みされます。

「帝国や東京商工が貸事務所の入居審査を」

通常、帝国データーバンクや東京商工リサーチが企業が保有する貸事務所の入居審査を行い、この2社で日本国内の審査のほとんどを引き受けます。

国や世界のトップ企業が借金を約束通り返済してくれるかどうか、独自の基準で判断して格付けとして示す会社があります。

『スタンダード・アンド・プアーズ』『ムーディーズ・インペスターズ』『フィッチ・レーティングス』は非常に影響力が強く、この3社が世界のほとんどの格付けの目安とされます。

しかし、影響力が強すぎて、破たん寸前の会社に高い格付けを与えた「サブプライムローン」の焦げ付きは大変な問題になりました。

「御堂筋新たに 単身赴任者様に人気のある御堂筋線」

家具付き賃貸マンションを探してらっしゃる大阪への単身赴任者様の路線別一番人気は断トツで地下鉄御堂筋線です。

御堂筋線は企業が集中する沿線です.

乗り継ぎなしの一本で通勤できるのが人気なのです。

国土交通相は、大阪のメインストリートの御堂筋(国道25号)の管理権限を、来年4月に国から市へ移管することを決めました。

大阪市主導で様々な街づくり施策の展開が可能になります。

現状の6車線の御堂筋ですが、右左折用の側道レーン2車線を廃止して、オープンカフエやファッションイベントの開催などを計画します。

8-13tanshinfunin-midosuji-office-news.jpg

「ハヤブサの住処に・・賃貸オフィスビル」

先日、管理人さんから「大阪市内のマンションのベランダで、ハトの羽が散乱し、手すりに血もべっとり」というお話しを聞きました。

どうやら、「ハヤブサみたいです。ハトを仕留めて、ベランダに運んで食べて......」との事。

各マンションで同様の「被害」が相次いでいるそうなのです。

絶滅危惧種に指定されるハヤブサ。

専門家によると都市部にも飛来し、餌となるハトがたくさんいる上「獲物を探す見晴らし」という点で、高層の賃貸オフィスビルは本来の住みかである断崖に似ているらしいのです。

はやぶさは鷹の一種で、素早い動きと速い速度で飛びまわり、性質の荒いとりです。

8-12dangai-office-news.jpg

「天下一ソロバンビルの貸主とは」

一般募集の貸事務所で、社名もビル名称もユニークな「天下一ソロバンビル」というのがあります。

賃貸オフィスビル業をされているのがソロバンを製造している会社なのです。

そろばんは戦国時代の1570年ごろ中国から日本に伝わり、桁数の多い計算も簡単にできるので、戦国大名にも広まりました。

戦国武将の前田利家はソロバンが上手だったそうで、その利家が使っていたソロバンが現存する日本最古のものです。

江戸時代には掛け算や割り算のやり方を図解入りで説明した本が売りだされベストセラーになりました。

8-11soroban-ben-office-news.jpg

「耐震・制震・免震 貸事務所とマンション選び」

大阪の貸事務所や賃貸マンション、分譲マンションなど、地震の揺れに対する建物の強度に違いがあります。

東日本大震災のあと、地震に対する建物構造に興味を示す方が増えています。

1、耐震構造
建物の柱や壁などの主要な構造材の強度で建物の倒壊を防ぎます。

2、制震構造
建物の中に揺れそ抑える装置を設置したり、柱などに弾力性などのある素材を用い、揺れのエネルギーを吸収します。

3、免震構造
地面と建物の間に免震層を入れて地面の揺れが直接伝わらないようにします。

8-10taishin-office-news.jpg

「貸事務所のご案内は予約が必要 世界一予約が取れないレストラン」

大阪に限らず、貸事務所のご案内の場合ですが通常、事前予約が必要です。

これは他府県の不動産屋でも同じです。

事前に鍵の手配が必要となり、時間が結構かかってしまいお客様をお待たせしてしまうためです。

中には「ご予約頂いたお客様のみご案内をさせて頂いております」と言った業者様もおられます。

スペイン・カタルーニャ地方で「世界一予約の取りにくいレストラン」とし有名な「エル・ブジ」が休業することになりました。

原因は料理の質が落ちた?からです。

1964年創業のこのレストラン、辺鄙な立地に45席しかない狭いスペースと営業は1年のうち6ヶ月のみ。

イギリスの料理雑誌「レストラン・マガジン」で過去に、5度「世界最高のレストラン」に選ばれました。

料金はひとり平均、日本円で3万円と日本の高級料亭とほぼ同じくらいです。

「アピール作戦へ・・貸事務所の管理会社も間借り弁護士も」

貸事務所などの建物を一棟預かると色々な運用益が生まれるため、管理会社は空室を埋めるために躍起になっています。

毎日のように不動産会社を周り物件のアピールをし、以前のように上から目線で物を言う管理担当者はずいぶん少なくなりました。

間借り弁護士はモデル顔負けの写真を自らの宣伝の武器にして営業に周ります。

プロのメーキャップとスタジオ撮影で、ポーズを決めて総額5万円也の宣伝経費です。

このような、従来の弁護士とはちょっと違った「ノキ弁」が増えています。

ノキ弁とは、法律事務所に執務場所(=軒)だけを借り、独立採算で活動する弁護士のことです。

司法制度改革に伴う弁護士急増と不況の影響で、雇用は抑えたいが有能な人材は入ってほしい事務所側の思いと、独立資金がない新人弁護士側の利害が一致して生まれました。

事務所に雇われ、固定給をもらう「イソ弁」と違い、収入は不安定です。

「空室目立つ・・大阪市北区の弁護士専用貸事務所」

賃料はやや高めですが、大阪市北区西天満には弁護士や司法書士などの士業専用貸事務所が多数あります。

裁判所や北法務局が近く、同業種がそろいテナント環境が良いのが売りでした。

しかし業種を特定して募集しているため、現在は空室が目立ち始め、中々埋まっていません。

主な要因はこの10年間の間で弁護士数が急増したためです。

なんと約6割も増えました。

実務経験5年未満の弁護士の数は全体の3割にものぼります。

事務所に雇われ、固定給をもらう「イソ弁」の募集が極端に減り、行き場を失った弁護士は、弁護士登録後すぐ開業する「ソクドク」の道を選択します。

実務経験の少ない弁護士は、依頼者の取り込まれ不正に関与する危険性が伴います。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261