帝国や東京商工が貸事務所の入居審査を

「帝国や東京商工が貸事務所の入居審査を」

通常、帝国データーバンクや東京商工リサーチが企業が保有する貸事務所の入居審査を行い、この2社で日本国内の審査のほとんどを引き受けます。

国や世界のトップ企業が借金を約束通り返済してくれるかどうか、独自の基準で判断して格付けとして示す会社があります。

『スタンダード・アンド・プアーズ』『ムーディーズ・インペスターズ』『フィッチ・レーティングス』は非常に影響力が強く、この3社が世界のほとんどの格付けの目安とされます。

しかし、影響力が強すぎて、破たん寸前の会社に高い格付けを与えた「サブプライムローン」の焦げ付きは大変な問題になりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/476

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年8月14日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「御堂筋新たに 単身赴任者様に人気のある御堂筋線」です。

次のブログ記事は「米経済の後遺症と大阪の貸事務所の空室率」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261