再生可能エネルギーの普及と貸事務所の電気代

「再生可能エネルギーの普及と貸事務所の電気代」

大阪の貸事務所の電気代単価って高いと思われませんか?

高いと感じるテナント様が非常に多いのですが、この電気代は関電の電気料が上昇すれば当然、貸事務所の電気代にも響いてきてしまいます。

今回、福島での原発事故が起き、今ある法律では対応ができないので再生可能エネルギー特別措置法案が通りました。

この法案は、ソーラー光や風力などで作る電気の買い取りを電力会社に義務づけて、再生可能エネルギーの普及を目的にしています。

しかし、電力会社が買い取る費用は電気料金や電気基本料に上乗せされるため、電気料金が高くなれば、企業や家庭の負担が重くなります。

電力会社の思うまま、勝手に価格決定されたのではたまりませんが、電気料金の値上げ幅を小さくすると、太陽光や風力発電などで作った電気を電力会社が買い取る額も安くなっていまいます。

企業や家庭が発電設備に投資しやすくしないと、再生可能エネルギーの普及が進まなくなります。

8-18denkidai-ben-office-news.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/479

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年8月18日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立つ伊藤忠、跡を濁さず 梅田の新築貸事務所へ」です。

次のブログ記事は「料金明確で 貸事務所も僧侶も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261