土地や建物の税額

土地や建物を売った時の税額は長期譲渡と短期譲渡で以下のように異なります。

長期譲渡と短期譲渡の違いは、土地や建物を売った年の1月1日現在で、その土地や建物の所有期間が5年を超えていれば長期譲渡に、5年以下なら短期譲渡になります。

[1]長期譲渡所得の場合  所得税15% 住民税5%

[2]短期譲渡所得の場合  所得税30% 住民税9%

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/510

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年11月 2日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電子内容証明サービス」です。

次のブログ記事は「貸事務所のオーナーチェンジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261