相続財産の分配について

続人全員が、相続財産の分配について合意ができていて、その分割に納得していることを示す書類のことをいいます。

後日、相続人間でトラブルが起きないように、どの財産を誰が相続するかという合意の内容を明確に記載し、自著し、実印を押し、印鑑証明書を添えて遺産分割協議書を作成します。

全員の合意が必須となっているため、相続人の一部を除外した遺産分割協議書は無効となります。
なお書式や形式などの決まりはありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/512

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪貸事務所TOPへが2011年11月 9日 12:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貸事務所のオーナーチェンジ」です。

次のブログ記事は「先取特権とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261