住宅の防犯「マーキング」

今回は「マーキング」についてです。

マーキングとはもともとは動物が自分のテリトリー確保のために行う行為のことを指します。

人間の世界にもあるので少し解説いたします。

訪問販売員や新聞拡張員あるいは空き巣の類まで様ざまあります。

営業の手法や業務手段として行っている企業、会社もあります。

一般的には「しるし」「調査」「合図」等があります。

「表札」「ポスト」「玄関」などにシールを貼ったり、暗号が改訂ある場合が多いです。

自分の家の表札などに何か不自然な「マーク」や「書き込み」などがないか時どき調べてみましょう。

この記号は(マーク)は何?なんて質問しても決まりはないと思ってください。

「SW20」=「20代女性の一人暮らし」といった簡単なものもありますが、たいていはその記号(マーク)をつけた本人や仲間内でしか通用しないものであることが多いので、この記号の意味はこうだ!なんて考える前に消してしまいましょう!!

訪問販売員や新聞拡張員なら問題ないのですが、空き巣が残したマーキングだと大変なことになりかねません。

自己防衛も大事な防犯の手段の一つですので、しっかりとおぼえておくと良いと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamaguchihome.com/MTCOM-4.261-ja/mt-tb.cgi/521

コメントする